シドニーはどんな服装がいい?シドニーの気候にあった服装は

このページでは
シドニーの季節毎に合わせた服装についてご紹介します。

 

シドニー 早春の服装

早春
8月下旬は早春といえる季節で、チューリップや梅などが咲き出す頃です。

 

まだまだ肌寒く感じる日も多いので
スプリングコートや薄手のスカーフをそろえるのがいいでしょう。
年間で降水量が最も少ないのが8月となります。

 

シドニー 春の服装

春
9月から11月上旬までが春と呼ばれます。

 

10月初旬には平均の最高気温は20℃超となり、
ぽかぽかと過ごしやすい日が訪れます。

 

この頃の日中は半袖や薄手の長袖シャツが快適♪
だだし、朝晩や日差しが少ないくもりがちな日には
フリースなど上に羽織れるものを用意した方がよいでしょう。

 

 

シドニー 初夏の服装

シドニーの夏を楽しもう
11月中旬が初夏にあたります。

 

ぼちぼち海で泳げるくらいになります。
最低気温も平均で15℃ほどまで上がり、汗ばむ陽気になることも。
この頃からは日本の夏の感じの服でいけます。

 

けれども、夜には冷え込むこともあるので
カーディガンや長袖をそろえましょう。

 

 

シドニー 夏の服装

夏
11月下旬から3月中旬が夏本番。
シドニーで最もHOTなシーズンです!

 

40℃を越える猛暑になる日もあるのでご注意。

 

タンクトップやリゾートドレス、サンドレスでOKですが
紫外線対策として、屋外では長袖を着用してください!!

 

夏の終わり頃には天候が変わりやすい日が多く、
いきなり雷雨に見舞われることも。

 

日傘兼用の折りたたみのカサや上着も用意するといいでしょう。

 

シドニー 秋の服装

秋
3月下旬から5月中旬くらいが秋になります。

 

日中と夜間で温度の差が大きくなります。
晴天の昼間は薄手の長袖でも問題ありませんが、
夜間や雨天に外に出るならコートを着なければならないくらい寒い日も。

 

スグに羽織ったり、脱いだりできる上着が重宝します。

 

シドニー 冬の服装

冬
6月から8月中旬が冬季に当たります。

 

最も寒い季節(平均最低気温が10℃以下)なので
厚手のコートやマフラーを用意しましょう。

 

晴天の昼はコートなしでも大丈夫な日もありますが
海岸沿いや海上クルーズなどは、海からの冷たい風を受けるので
日中でもあったかい服装にしてくださいね。

米ドル,豪ドル,ユーロ,ポンド,香港ドルなら手数料最安!与信審査なし。
▼▼▼発行まで約1週間!海外旅行出発前に早めに申し込みましょう▼▼▼

マネパカード公式バナーft