マネパカードの入金解説


マネパカードを海外で使う前に

  1. 入金
  2. 両替
  3. チャージ

という3ステップが必要なんですが、今回は、「入金」について解説しますね。

 

\入会と1,000円以上の入金でもれなく1,000円キャッシュバック/
⇒ 入金も簡単な【マネパカード】公式サイトを確認

 

 

マネパカードの入金は自分専用の振込口座へ

 

マネパカードへの入金方法の前に、そもそもどこの口座に入金されるかについて説明します。

 

マネパカードを申し込むと、カード本体とは別送の簡易書留郵便で「口座開設通知書」が届きます。

 

この通知書に書かれているマネパカード会員専用振込口座番号があなた専用に開設された口座番号になります。

 

※会員専用振込口座は、口座開設通知書以外に会員専用ページでも確認できます。

 

マネパカードを利用するはじめの準備としてこの口座あてに現金を振り込むことがマネパカードの入金となります。

 

 

マネパカード口座への入金方法は3種類

 

あなた専用に発行された銀行口座に振り込みをするわけですが
これはごく一般の銀行普通口座と同じですから

 

振込方法は、

  • 銀行窓口
  • ATM
  • インターネットバンキング

の3種類の内、どの方法でも行えるんです。

 

マネパカードの入金はインターネットバンキングが便利

 

 

ちなみにATMは、会員専用振込口座への振込ができる機械であれば

 

銀行やショッピングセンター、コンビニエンスストアや
空港などに置いている通常のATMで入金可能です。
(マネーパートナーズ店頭での入金はできません。)

 

 

私も当初勘違いしていたんですが、ATMの機械にそのままマネパカードを差し込んでも振り込みや入金はできませんので、ご注意を!

 

マネパカードは振込カードではないので専用口座あてに、現金か銀行間での振り込みをして下さいね^^;

 

 

 

日本円の入金振込みだけでは利用はできません。
会員専用ページにて、両替およびチャージの操作が必要となります。

 

両替方法についてはこちらのページで
→ 両替え方法の解説ページ

 

チャージ方法についてはこちらのページで
→ チャージ方法の解説ページ

 

 

マネパカード申込み入口バナーnyu1

 

マネパカード入金の手数料はどれくらいかかる?

「マネパカードへ入金する時、振り込み手数料はどれくらいかかるの?」
という疑問を持たれる方は、多いと思います。

 

公式サイトで確認したところ

ご利用の金融機関・ATMによって振込手数料がかかります。
また、振込手数料はご利用の金融機関によって異なります。
振込手数料は会員様のご負担となりますので、予めご了承ください。

ということでした。

 

まぁ、普通口座への振り込みなので
振込手数料は当然、銀行によってまちまちですね。

 

例えば、私が給料振込み口座に指定している
三井住友銀行普通口座の場合の手数料を紹介すると、
以下のような感じです。

 

【三井住友銀行の振込手数料の例】

振込方法 振込手数料
窓口から

540円

ATMから
(現金で)

432円

ATMから
(三井住友銀行キャッシュカードで)

108円

ATMから
(他銀行キャッシュカードで)

216円

インターネットバンキングから

108円

 

当然、窓口よりもインターネットバンキングでした方が
振込手数料は安くて済みます。

 

 

入金手数料を無料にする方法

 

でも、108円といっても回数を考えると
為替差額よりも大きくなることもありますので
できれば入金手数料も無料にしたいですよね。

 

そこで入金手数料を無料にする方法を2種類ご紹介します。

 

  1. マネーパートナーズのFX口座を作る
  2. 振込手数料無料のネット銀行を利用する

 

マネーパートナーズのFX口座を作る

 

あなたがFX取引をしているのならば話は速いです。

 

マネーパートナーズのFX口座を持っている方なら
クイック入金を利用で、振込手数料が無料になります。

 

もしも、あなたがこれからFX取引をしたいと思っているのなら、マネーパートナーズのFX口座を開設することをオススメします。
これでマネパカード口座への入金手数料が無料になります。

 

 

振込手数料無料のネット銀行を利用する

 

「FX口座は持っていないし、作る予定はないな」という方で振り込み手数料を節約したいなら

 

「月○回の他行あて振込手数料が無料!」
というネット銀行に口座を作ってインターネットバンキングを活用するのがいいでしょうね。

 

【振込手数料が無料になるネット銀行の例】

 

 

※預金残高などのランクによって、手数料無料になる回数が増えたりします。
各銀行の手数料ページを貼り付けていますので、詳細は銀行名をクリックしたリンク先でご確認下さい。

 

入金の振込手数料を節約するなら、手数料の安いネットバンキングを探そう!

 

 

入金についての注意点

マネパかカードへの入金について、ぜひ注意しておきたいことを書いていきますね。

 

入金の振込残高が反映されるタイミングに注意

 

マネパカード口座に、ちゃんと入金したはずなのに
「振込金額が残高に反映されていない・・・・!」
っていうことになったら、スゴク焦りますよね。

 

残高反映のタイミングについて調べてみると

  • 金融機関の営業時間内の振込 → 口座への着金を確認後、約2〜3時間
  • 時間外や休日に振込     → 翌営業日の午前10時頃

で残高に反映されるらしいです。

 

 

入金作業を金曜夜にするとやばいかも

 

ここで注意すべきは、土日や祭日を挟んでしまう時!

 

例えば、金曜の19時過ぎに
マネパカード会員専用振込口座に振り込みを行った場合、

 

入金が反映されるのは、土日をおいて翌週の月曜日の朝になってしまいます!

 

これでは、入金のあとにしなければならない両替やチャージ作業もあるので、海外への出発前にバタバタしてしまいますよね。

 

夜間や休日にしか振り込みできない方も多いと思いますが、あわてないように、余裕を持って入金したいですね。

 

>> マネパカード(Manepa Card)を申し込む

マネパカードに入金できるのは日本円だけ

 

マネパカードを検討している方の中には、以前に行った海外旅行で使い切れなかった

マネパカードは外貨は入金できない


米ドルやユーロといった外貨紙幣が手元に残っている方も多いのでは。

 

「この外貨(現金)ってマネパカードに入金できないの?」
という疑問もあるかもしれませんが、

 

残念ながら、マネパカードへの入金は日本円での振込だけになっています。

 

現金はどうしても必要になることが多いので、現地通貨はマネパカードとは別でキャッシュのまま、次の海外旅行に持って行くことにしましょう。

 

 

会員名義人だけしか口座に入金できない

 

留学先のお子さんあてに、親御さんの口座から
「海外送金代わりにマネパカードに振り込みしたい」
と言う方も多いと思います。

 

 

でもこれは特に注意するポイントになりますが、

 

マネパカード専用口座あてに振込できるのは、
マネパカード会員名義人だけなんです!!

 

もしも、違う名義人から振り込んだとしても入金額は反映されません。

 

マネパカードの組み戻し手数料も負担

 

それどころか、組み戻しをする必要が発生します。

 

しかも、この組み戻し作業はマネパカードはしてくれないんです。

 

  1. ご自身で手配
  2. 組み戻し手数料も自身で負担

 

これはうっかり出来ませんよね!

 

思わぬ費用負担をこうむらないためにも、マネパカードに入金する際の名義人には、くれぐれも気をつけてくださいね!

 

 

入金の限度額は1回100万円まで

 

マネパカード口座への振り込みの限度額はどれくらいなのでしょうか?

 

公式サイトで確認すると、

 

  • 1円からでも振込可能
  • 1回の振込限度額は100万円

 

ということです。

 

 

ですので例えば、留学先の大学授業料のためなどで150万円を入金したい場合なら、90万円と60万円など、2回に分けて振り込むようにして下さい。

 

こうした場合、振込手数料は2回分必要ですが、このルールは厳守して下さいね。

 

マネパカード限度額を超えると入金できない

 

もしも1回100万円を超えて振り込んでしまうと、本人名義以外で振込したのと同様に

 

振り込みは1円もされず組み戻しを自分負担でしなければなりません!

 

 

入金の1回当たりの限度額についても注意するようにしてくださいね。

 

念のためにもう一度繰り返します。

 

マネパカードの1回の振込限度額は100万円

 

マネパカード申込み入口へnyu2

 

 

以上、マネパカード入金方法は3種類!気をつけたい口座反映タイミングや手数料無料にするなら...という話題でした。

 

続いて、マネパカードの両替方法を解説したページに進んで下さい。

 

>> マネパカード両替のやり方解説!両替前にチェックすべきポイントとは

 

 

 

 

米ドル,豪ドル,ユーロ,ポンド,香港ドルなら手数料最安!与信審査なし。
▼▼▼発行まで約1週間!海外旅行出発前に早めに申し込みましょう▼▼▼

マネパカード公式バナーft