海外旅行先の取り扱い通貨は

海外旅行の準備でもちろん気になるのは、渡航先の通貨事情。

 

マネパカードはどんな外貨を取り扱っているんでしょうか?
マネパカードの取扱通貨の種類と対応する国と地域についてご紹介します。

 

 

マネパカードは5種類の通貨に対応

 

マネパカードが対応する通貨は、以下の5種類

●米ドル ●ユーロ ●英ポンド ●豪ドル ●香港ドル

 

「たった5通貨だけなのか」
ってがっかりされた方もいるかもしれませんね。

 

確かに同じ海外プレペイドカードの
neomoney(ネオマネー)は31通貨に対応してますから、マネパカードの5通貨は物足りない気もしますよね。

 

 

でもちょっと待って下さい。
実は、この5通貨って意外にすごいんですよ。

マネパカード取扱通貨の使える国と地域は意外に・・・

この5通貨は、言わずと知れた超メジャー通貨だから
留学だけじゃなく、ちょっとした海外旅行など

 

観光でも人気のある様々な地域や国々で
使うことができます。

 

全て挙げていくときりがないので
代表的な国名や地域を一部挙げていきますね。

 

マネパカードの取扱通貨とその対応国や地域の例

 

通貨

主な国や地域

米ドル($)

USD

アメリカ合衆国、イギリス領インド洋地域、イギリス領ヴァージン諸島、
エクアドル、エルサルバドル、タークス・カイコス諸島、パナマ、
バミューダ諸島、パラオ、東ティモール、マーシャル諸島、
ミクロネシア連邦

ユーロ

EUR

オーストリア、ベルギー、キプロス、エストニア、フィンランド、
フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア
ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロバキア、
スロベニア、スペイン、ラトビア、リトアニア

英ポンド

GBP

イギリス

豪ドル

AUD

オーストラリア、キリバス、ナウル、ツバル

香港ドル

Hong Kong Dollar

香港

2015年1月1日現在。※印の国は、除外地域があります。

 

どうでしょうか。
意外にかなりの範囲にマネパカードが活躍しそうですね。

 

もしもあなたの海外旅行先、留学先の国が
上の表にあれば、絶対にマネパカードをおすすめしたいですね。

 

 

 

以下ボタンから公式サイトで詳しくご覧下さい↓

マネパカード申込みボタンTT1

 

 

以上、マネパカードの取り扱い外貨種類は?どこでも使える5通貨で十分な理由とは...というお話でした。

 

マネパカードは5外貨しか取り扱いはないですが、例えば韓国ウォンではクロスボーダー手数料を払うことで韓国でも有利に利用することができます。
こうした利用法もマネパカードが取り扱い外貨が少なくてもメリットがある理由になります。

 

詳しくはこちらの記事にまとめていますので、気になる方は参考にしてくださいね。

 

>> 韓国ウォンでも使えるの?マネパカードを活用する方法と手数料解説

米ドル,豪ドル,ユーロ,ポンド,香港ドルなら手数料最安!与信審査なし。
▼▼▼発行まで約1週間!海外旅行出発前に早めに申し込みましょう▼▼▼

マネパカード公式バナーft