マネパカード申込みにはマイナンバーが必要?その理由とは?

マイナンバーはマネパカードで必要?

 

オンラインで申し込みが簡単なマネパカードですが
マイナンバーが口座開設時に必要らしいと聞いたので調べてみました。

 

その結果、2016年1月から
マネパカードの申し込みにマイナンバーの通知が必要になったことは間違いないようです。

 

これはなにもマネパカードに限った事項ではなく
キャッシュパスポートやネオマネーといった
海外プリペイドカードの申し込みにも同様のようです。

 

入会+1,000円以上の入金でもれなく1,000円キャッシュバック!【4月30日まで】

⇒ マネパカード公式サイトでマイナンバーの詳細を見る

 

マイナンバーの通知が必要になった理由とは?

 

マネパカードで通知が必要になった背景について
公式サイトでは以下のように説明しています。

マイナンバー制度が日本全国的に開始されたことに伴って

「国外送金調書法」の改正され、お客様のマイナンバー(個人番号)の
確認が追加されたためです。

 

 

なるほど、国の方針で、海外プリペイドカード事業者に
通達がいったというわけのようです。

 

ではなぜ、こういった指導があったのか理由を考えると
(想像するしかないのですが)

 

国として
カード保有者の所得や資産を、しっかりと把握したいというのが本音かもしれません。

 

マネパカードのように海外でキャッシング可能な
プリペイドカードサービスはある種の外国送金と言い換えてもイイでしょう。

 

つまりマネパカード利用者が、
国内の保有財産を国外に移動する目的でカード利用するかもしれない。

 

そう考えると税務署としても、
こうした資金移動どのくらいの規模で、
脱税目的ではなく、合法的なものかどうかをチェックしたいですよね。

 

この辺りの関係が
海外プリペイドカードにマイナンバー通知が必要とされた背景ではないでしょうか。

 

 

マイナンバーをマネパカードに教えても大丈夫なのか?

マイナンバー個人番号は安心か?

 

クレジットカードでもない
海外プリカの申し込みにマイナンバー通知がいると聞くと

 

「え?マネパカードって怪しいのでは?」って感じてしまう方もいるかもしれませんが

 

外国への資金移動に関連して国で定められていることなので
しょうがないとことかもしれません。

 

でも
「個人情報の漏洩につながるから絶対イヤ!」
と言う方もいるかもしれませんね。

 

ただ、個人的に言わせてもらうと
情報漏洩はAdobeやYahoo!,ベネッセや日本年金機構といった一流企業や公的機関でも
過去にすでに起こっていますし、これから先、絶対安心な会社なんてありえません。

 

だからといって情報漏洩を気にしすぎていたら
あらゆる企業のサービスを使えなくなってしまいます。

 

なので、個人的に結論を言わせてもらうと
「マネパカードでマイナンバー通知が必要でも、あまり気にすることはない」
と思います。

 

他の海外プリペイドカードを選んだとしても
マイナンバー通知が必要なのは同じことだからです。

 

情報漏洩をおそれて、便利なサービスを利用せずに
あくまでも現金だけで海外旅行をしたい方以外は

 

下のリンクから、マネパカードの詳細をご確認下さいね。

 

入会+1,000円以上の入金でもれなく1,000円キャッシュバック!【4月30日まで】

⇒ マネパカードの詳細を見てみる

米ドル,豪ドル,ユーロ,ポンド,香港ドルなら手数料最安!与信審査なし。
▼▼▼発行まで約1週間!海外旅行出発前に早めに申し込みましょう▼▼▼

マネパカード公式バナーft