ワーホリでマネパカードが有利な理由とは(1)両替のタイミングが自由

インターネット上で自由にタイミングを見て両替できる

 

マネパカードで私が考える最も大きなメリットは
「自分の好きなタイミングでネット上で両替ができる」ということです!
ネットでいつでも両替できる

 

ワーキングホリデーに行く場合、
貯金した日本円で30〜100万円くらいの現金を、
オーストラリアに持って行くことになりますよね。

 

もちろん
両替の際の手数料なども重要です。

 

だけど、それよりも損をしないために一番大切な事は、
円高レートの時にいかに換金するかってこと。

 

これは実際にオーストラリアに
ワーホリに行った経験者の教訓です。

 

両替レートが違うと、持ち金がこんなに変わる

 

具体的な例で解説すると、
2013年11月はレートが約94円で、手数料を含めると1豪ドル=95円くらいでしたが、
2016年5月現在のレートは1豪ドル=約79.9円になっています。

 

「え、15円も為替レートが変わることがあるの?」
って思う方もいるかもしれませんが、
実際の為替は、こうした動きを見せるものなのです。

 

ワーホリにオーストラリアに行っている1年間で
5円程度のレート格差が起こる可能性は
大いにあると考えてもいいと思います。

 

たった5円と侮ってはいけません。
30万円、50万円と両替する金額が大きくなれば、
200ドル (約2万円)、325ドル(約3万円ちょい)と
けっこうな金額の差になってしまうんです。

 

両替レートと円→豪ドルの関係

1豪ドル=

 10万円換金した時

30万円換金した時

50万円換金した時

80円

A$1,250 A$3,750 A$6,250

85円

A$1,176.4 A$3,529.4 A$5,882.3

90円

A$1,111.1 A$3,333.3 A$5,555.5

95円

A$1,052.6 A$3,157.8 A$5,263.1

だから何度も言いますが、一番大事なことは、

 

手持ちの資金を、どんなタイミングで、円からオーストラリアドルに両替するか?
ということ。

 

2016年だけで言っても
3月は1豪ドル=85円台だったのが、5月は1豪ドル=79.95円台に
さらに8月現在は1豪ドル=77.59円台まで、円高に振れたレートに!
豪ドルと円のレートチャート

 

ベストタイミングを見極めて両替することで、損をしないようにしたいですね。

 

マネパカードは自由なタイミングで両替できる

 

だからこそネット上で
両替できるマネパカードはとっても有利なアイテムだと思います。

 

好きなタイミングで両替できるというメリットだけでも、
マネパカードを持っていい理由になると、断言できるでしょう。

 

ワーホリの様な長期旅行で、
ベストタイミングを考えて両替できるマネパカードの詳細は、
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
>>マネパカードの公式申し込みサイトへ

 

米ドル,豪ドル,ユーロ,ポンド,香港ドルなら手数料最安!与信審査なし。
▼▼▼発行まで約1週間!海外旅行出発前に早めに申し込みましょう▼▼▼

マネパカード公式バナーft