ドイツ・フランクフルト旅行経験者がアドバイスする持ち物とは

ドイツ旅行に行ってきました

 

ドイツは他のヨーロッパの国々と違って
1箇所が全ての中心となるような都市を持っていないことが
特徴と言えるかもしれません。

 

中世からの小さな連邦国家や小都市が
それぞれ違う個性的な文化を生み出しています。

 

東西ドイツの併合の歴史が残るベルリンや
古い文化と新しい文化が混在するミュンヘン、
国際都市のフランクフルト、
美しい景色が魅力のロマンチック街道など

 

魅力的な観光スポットがたくさんあります。

 

そんなドイツのフランクフルトに旅行に行かれた方から、
海外旅行の持ちものに気をつけて欲しいポイントの
口コミが届いています。

 

早速ご紹介しますね。

 

ドイツ・フランクフルトへ旅行された方から、持ち物の口コミ

フランクフルトの町並み

 

一番印象的だったことと言えば、

 

国内旅行だとアメニティでついてくるので
持ち物として頭の片隅から消えてしまう歯ブラシ。

 

日本製とはサイズも固さも大違いでした

 

ドイツへ旅行した時に持参した
歯ブラシを無くしてしまい困ったなぁと
近所のスーパーまで買いに行ったものの、
どの商品を見てもヘッドが大きいのです。

 

ドイツの方と日本人との体格の差も
歴然なのでサイズが違ってもまぁ納得。

 

しかし子供用にしてもすこし大きめかな?
といったサイズでブラシが思ったより固めです。

 

フランクフルトのマーケット

 

日本で売っている「かため」よりかたいです。

 

行ってみないとわからない海外旅行。

 

国内から用意していかないと
日本人に合うサイズが無いので
必ず持参した方がいいもののひとつです。

 

シャンプーやリンスは日本から持参するのが無難

 

シャンプーとリンスもホテルで
用意してくれているものがあるのですが、
日本人の髪質に合わないようで
洗っている瞬間から髪がキシキシとしてしまい気になります。

 

フランクフルトの鉄道駅

 

旅行用の小さなもので構いませんので
日本から持参した方がいいと思います。

 

海外旅行を楽しむなら、持ち物は重要

 

折角の海外旅行、楽しみたいですよね。

 

お風呂と歯磨きは毎日の事、
シャンプーが合わなくて髪の毛纏まらない!
寝癖が治らない!歯磨きし辛くて
口の中が気になって気になって仕方ない!
観光に集中できない!!

 

なんてことにならないように
大事な持ち物としてそっと鞄にいれて持って行って下さい。

 

フランクフルトの川のほとり

 

海外のクスリは日本人にはキツイから

 

あとは痛み止めや常備薬を
少し持って行くと何かあった時に心強いです。

 

海外の薬は日本人の体には
効きすぎる物が多いため、

 

使う使わないにかかわらず、
普段使っている薬を持参すると安心です。

体験者の口コミを読んだ感想

そういわれればそうなんですよね〜。

 

日本のホテルでは普通に
アメニティーで付いている歯ブラシ。

 

歯ブラシって普段何気なく使うものだから
サイズや硬さによっては
気に入らなくて、イラッとしますよね。

 

なんやかんやいっても日本製ってやっぱり
すごく品質がいいんですよね。

 

このあたりは忘れないように持ち物に入れてくださいね。

 

ドイツ旅行はマネパカードで決まり

 

ドイツへの旅なら
ユーロが使えるのでマネパカードで問題なく
海外旅行を楽しめますね!

米ドル,豪ドル,ユーロ,ポンド,香港ドルなら手数料最安!与信審査なし。
▼▼▼発行まで約1週間!海外旅行出発前に早めに申し込みましょう▼▼▼

マネパカード公式バナーft